コラム謎関

nazokan.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 16日

ダートラに必要な物



ダートラを始めるのに必ず要る物がいくつかある

 ・まずは車(笑)
 ・ロールケージ
 ・4点式ベルト
 ・ヘルメット
 ・グローブ
 ・長袖長ズボンの服装
 ・シューズ

僕らが参加するRVクラスに関しては車は通勤やキャンプに使っているRV車輌
もちろんダートラ専用車輌を作って貰っても構わないが、基本的にナンバー付き車輌
車が無ければ競技には参加できません!当たり前すぎますが(^^;)

ロールケージに関してはJAFの規定が難しいので僕からは詳しく説明できませんが
引き抜き管で作られた6点式以上のもの、やっぱりそれなりの専門店で作って貰うのが理想でしょう
かく言う僕の車のケージもDASH大阪で作って貰ったワンオフケージです

4点式ベルトの規定もアイボルトで止める事など規定が結構難しいです
最初に車を作って貰う時にやはり一緒に相談するべきでしょう
なので普段競技車輌を扱ってない四駆屋などでは車作りそのものが出来ないと思われますので
まずはちゃんとした腕と知識と実績のある競技車輌扱いの上手いショップを見つけなければいけません

で、今回書きたかったメインのヘルメットとグローブです
JAFの規定ではヘルメットは「日本工業規格(JIS)乗用車安全帽の基準に合致したヘルメット
                      (旧規格(JIS T8133:1997)のC種適合品を含む)」
となっています
JISの他、SNELLやBSI(イギリス)、SIS(スウェーデン)など各国の工業規格に合致した物でOKなものもあります
今回、僕が手に入れたSPARCOのCLUBというヘルメットもイギリスの工業規格BSIに通っている物です



この辺りの詳しい事はコチラ辺りを参考にすると良いでしょう

ちなみに今回早急にヘルメットを入手せざるを得なかった原因が
JAF規則書のこの一文「製造後「10年」を経過したものを使用してはならない。」
今まで使っていたヘルメットがちょうど10年を経過し、このルールに抵触してしまったからです

グローブやレーシングスーツ、シューズについては特に規則書で定められては居ないようですが
基本的には燃えにくい素材で作られた競技用の物を使用するのが好ましいと言えるでしょう
今回ヘルメットとともに入手したSPARCOのハリケーンと言うグローブはFIA規格を通っている物
つまり国際レース(WRCなど)にも出場できるちゃんとした競技用のグローブです
こうしたきっちりとした製品に身を包まれる事で「安全」と言う一番大事な物を手に出来る
凄く簡単でいながら重要で、且つ忘れられがちな事です

僕もすべてしっかりとした競技用にして行きたいのですが、そこまでは手が回らないのが現状(^^;)
ちょっとづつでも揃えていけたらな、と考えています

ここに紹介した物は危険が伴うスピード競技で自分の体を守ってくれる物ばかり
事故が起これば怪我、それどころか命の危険さえあるダートトライアル競技ですから
しっかりとした安全装備をきっちり行って、楽しく競技に参加しましょう(^-^)/


by大魔王
[PR]

by nazo-kan | 2006-06-16 04:44 | ダートラ